〒581-0004 大阪府八尾市東本町3-6-23MAP

ご予約・お問い合わせ 072-991-5118

近鉄八尾駅より徒歩1分
トップページクリニック紹介当院の特徴院長紹介診療時間・地図

大阪府八尾市|人工透析,シャント,シャントトラブル,腎不全,生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質代謝異常)|医療法人仁悠会 安田クリニック

左のQRコードを読み込んで頂くと、携帯サイトがご覧頂けます。

生活習慣病

トップページ»  生活習慣病

まずは日常の検診・予防から始めましょう

腎不全の原因は慢性腎炎、糖尿病、高血圧、脂質代謝異常などが複合的な原因となっています。日常の生活習慣病である「高血圧」「糖尿病」などを適切に治療することで「慢性腎不全」を回避することが出来ます。

また、高血圧は動脈硬化の原因となり、糖尿病は現在慢性腎不全の第一の原因となっています。さらに、糖尿病性網膜症は失明の第一の原因となっています。

日常の検診、生活習慣病の予防を行いましょう。

CKD(慢性腎臓病)患者の治療エッセンス

1:CKD(慢性腎臓病)とは腎臓の障害(蛋白尿など)、もしくはGFR(糸球体濾過量)60ml/min未満の、腎機能低下が3ヶ月以上持続するものである。
2:CKD(慢性腎臓病)は、CVD(心血管疾患)及び、末期腎不全の発症の重要な危険因子である。
3:CKDは専門医での治療を受けることが望ましい。
4:CKDの治療にあたっては、まず第一に生活の改善(禁煙、減量、肥満の改善など)を行う。
5:血圧の管理目標は130/80mmHg未満であり、緩除に降圧することを原則とする。
6:糖尿病性腎症では血糖をHgA1c(NGSP)6.9%未満にする。
7:LDLコレステロールを120mg/dl未満にする。
8:腎性貧血を疑う場合は専門医に相談・精査を行う。
<CKD診療ガイドライン2012>

脂質代謝ガイドライン

高脂血症とは、血液中に溶けている脂質の値が必要量よりも異常に多い状態を言います。
高脂血症は「silent disease」と言われ、血中脂質が異常に増加してもほとんどの場合において自覚症状がないのが特徴です。
血中脂質が高い状態が続くと狭心症、心筋梗塞などの心臓病にかかる危険性が高くなります。

冠動脈疾患 脂質管理目標(mg/dl)
  LDL-C HDL-C TG non HDL-C
なし <120~160 ≥40 <150 <150~190
あり <100 ≥40 <150 <130

糖尿病治療目標とコントロールの指標

1:血糖、体重、血圧、血清脂質の良好なコントロ-ル状態の維持。
                ↓
2:糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)及び、動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳血管障害、閉塞性動脈硬化症)の発症、進展の阻止。
                ↓
3:健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持と、健康な人と変わらない寿命の確保

4:HgA1c<6.9、BMIの目標22.1(BMI=体重(kg)/身長(m)の二乗、血圧130/80mmHg未満、LDL-コレステロール120未満、HDL-コレステロール40以上、中性脂肪(TG)150未満、non-HDL-Cコレステロール150未満(冠動脈疾患がある場合130未満)。
<糖尿病治療ガイド2012~2013>

このページの先頭に戻る